設定

文字サイズ
標準
特大
背景色
標準

書誌詳細

アンゲラ・メルケル 東ドイツの物理学者がヨーロッパの母になるまで

  • 著者名マリオン・ヴァン・ランテルゲム‖著 清水/珠代‖訳
  • 出版者東京書籍
  • 出版年2021.9

貸出・返却・予約状況

  • 貸出状況 貸出中

  • 所蔵数1
  • 貸出可能数0
  • 予約数0
  • 貸出累計1

所蔵事項

  • 請求記号289.3-アン
  • 配架場所開架

書誌事項

  • 書名アンゲラ・メルケル 東ドイツの物理学者がヨーロッパの母になるまで
  • 書名ヨミアンゲラメルケル
  • 著者名マリオン・ヴァン・ランテルゲム‖著 清水/珠代‖訳
  • 著者ヨミウ゛ァン・ランテルゲム,マリオン
  • 原書名原タイトル:C'était Merkel
  • ISBN9784487814695
  • 出版地東京
  • 出版者東京書籍
  • 出版年2021.9
  • ページ311p
  • サイズ19cm
  • 価格¥1800
  • 内容文献:p304 アンゲラ・メルケル関連年表:巻末
  • 内容紹介東ドイツで物理学者として出発し、その後ドイツ政界の権力闘争を勝ち上がり、さらにヨーロッパの盟主として存在感を示し続けたアンゲラ・メルケル。その半生をフランス人ジャーナリストが多くの関係者の証言とともに描く。
  • 著者紹介1964年パリ生まれ。ジャーナリスト。『ル・モンド』元記者。